読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育・受験情報blog

教育・受験情報を発信していきます。

近畿大学 合格テクニック


こんにちは


前回は関関同立関西大学の合格最低点についてお話をしました。


今日の内容は近畿大学の合格を目指すためには?です。


最後に近畿大学の英語のちょっとしたテクニックをかいてるのでみて下さい。


近畿大学ではたくさんの受験方式があります。例えば、得意科目の点数を増やす『高得点科目重視方式』や『文系学部学部内併願方式』などがあります。

ただ、今回は近畿大学のスタンダードな受験方法『スタンダード方式』、3科目(300点満点)に絞って考えていきます。


この近畿大学の『スタンダード方式』の特徴はすべての科目の配点が同じだということです。


現在、私大の多くは英語に大きな配点をかけています。しかし、この近畿大学の『スタンダード方式』で受験すれば、仮に英語が苦手な生徒でも、関関同立のように合格が難しくなるということが少なくなるのです。


このようにみていくと、勉強方法も少しかわってきます。


例えば、関関同立を受ける生徒は英語の配点がとても大きいため、英語を勉強する時間が必然的に多くなります。これは英語が苦手な生徒にはとても不利に働きます。


しかし、


近畿大学を受験する生徒は自分の得意な科目を精一杯のばし、その他の教科をできるだけ伸ばすという勉強方法でも十分合格できるのです。


なので、近畿大学を受験する学生はまず得意科目を作り、だれにも負けないようにすることが大切でしょう。(これは『スタンダード方式』に限らず『高得点科目重視方式』にもいえますね)


最後に近畿大学の英語のちょっとしたアドバイスをして、今日のブログをおわります、



・・・英語は最後の長文が1番配点が高いので、1番最後の問題から解き始め、じっくり時間をかけましょう。                     (目安時間25分-30分)