読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育・受験情報blog

教育・受験情報を発信していきます。

英語の長文、時間が足りません。-関関同立、産近甲龍-


こんにちは。



毎年体調を崩し、受験ができない生徒が必ずいます。


健康管理は徹底してくださいね。



さて、今日は英語の長文の話。


英語の問題は文法や会話の問題ももちろんありますが、やはり1番ウエイトを占めるのが長文です。


関関同立(関西大学関西学院大学同志社大学立命館大学)や甲南大学龍谷大学など関西の私立大学だけを見ても長文に重点を置いた問題を出す大学はたくさんあります。


なかでも、関西学院大学甲南大学はより長い長文がたくさん出題され、時間内に解くことも一つの合格への鍵となります。


では、長文を速く読むためにはどうすれば良いのか。


答えは簡単です。


とにかく多くの長文を読むことです。

そんなのわかってるけど、なかなか新しい長文を読むのは時間的にも体力的にも限られてる、、という人もいるでしょう。


しかし、【出来るだけ多くの長文を読む】というのは新しい長文を読むということではないのです。


つまり、一度解いた問題で日本語訳がばっちりできる長文でも良いのです。


もっと言えば、一度解いて、日本語訳も知っている長文を読むことの方が重要なのです。


それは、英語の文の構造や出題される長文の内容がある程度決まっていることがゆえんですが、とにかく一度解いた問題は放って置かずに、何度も読むことをオススメします。


おそらくこれを続ければ、劇的な変化に気づくと思います。


しっかりと構文、内容を取りながらも速く読む。


このことをマスターし、関西学院大学甲南大学などの長文必須大学を突破しましょう!