読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育・受験情報blog

教育・受験情報を発信していきます。

1日単語10個覚える!の落とし穴


こんにちは


最近は少しコアな内容だったので、今回はゆるく勉強の方法を話します。



英語や古典などは内容の本質的な理解と共にやはり単語という知識を暗記しないといけません。



その勉強の際、よく見られることが


『1日に単語を◯◯個覚える』


というものです。


ある目標に対し、逆算をして日割りで物事をこなしていくことはとても大事なことです。


しかし、私はあまりこのやり方はオススメしていません。


なぜなら、毎日同じコンディションとは限らないからです。


すごーくやる気がみなぎっている日や、どーしてもやる気が出ない日などその日によって気分にムラがある人がほとんどだと思います。


すごーくやる気がある日に覚えた英単語とすごーくやる気がない日に覚えた英単語、、



私たちは両方とも『勉強した!』という認識をしてしまいます。


これは勿体無い気が、、


じゃあ、どうやってやるの?というと、


一週間で70個おぼえる。と、大雑把にくぎってしまいます。


そして、やる気のある日は70個全て目を通し、覚えてみよう!という心づもりで勉強をします。


やる気のない日は覚えなくてもいいので、ただ70個声に出してよみ、パタンと本を閉じましょう。


こうしていくことで、単語を見る回数がふえ、またやる気のある日に集中してやるので効率があがります。


単語帳は受験生になると、一年に何周もするものです。

気張らず、でも地道に続けることが大切でしょう。


と、偉そうなことをいいましたが、やはり自分にあった勉強方法というものが必ず誰にもあります。


私の紹介している勉強方法はあくまでも選択肢の一つです。


その試行錯誤の中で、自分にあった勉強方法をみつけることはとても大事です。


自分にあった勉強方法を見つけるために手助けになればと思っています。