読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育・受験情報blog

教育・受験情報を発信していきます。

後期日程に関して



こんにちは!



現在、私立受験の真っ只中!という人が多いと思います。



その時にこんなお話をするのは、心苦しいのですが、後期日程のお話です。


前期日程で残念な結果に終わった人が、もう一度チャンスを求めて受験ができる、これが後期日程です。



同志社関西学院大学は後期日程がないものの、ほとんどの私立大学が後期日程を設けています。



その多くは三月に実施され、前期日程の結果発表から2週間〜の期間があります。



勉強する期間があるのです。



しかし、多くの人は落ちたショックや燃え尽きから勉強しません。



しかし、ここでなぜ自分が前期日程で落ちたのかを考えることが大切です。


受験は受験生の努力を評価するものではなく、点数を評価します。


つまり、相対的評価なのです。



さらには、関関同立を前期日程受けた受験生が後期日程では産近甲龍(京都産業大学近畿大学甲南大学龍谷大学)をほとんどのひとが受験します。


このように、レベルを一つ下げることが普通です。



そう考えると、同じレベルを受験する人は後期日程はさらに難しい戦いになります。




ここで、諦めるも良し、あともう少しと歯をくいしばることも良し。



今後の人生を考え、早めに行動すること。